NFT鳴門美術館がNHKや関西テレビ、ラジオ放送などで取り上げられました。

■3/1にリニューアルオープンした「NFT鳴門美術館」や、当館・代表理事の山口のインタビュー、「AIによるNFTアート展」、『「竜とそばかすの姫」とのコラボアート作品』等が紹介されました。【NHK】
■当館・代表理事の山口のインタビュー、「AIによるNFTアート展」、『「竜とそばかすの姫」とのコラボアート作品』等が紹介されました。【関西テレビ】

■『NHK WORLD/jibtv』のドキュメンタリー番組にて、NFT鳴門美術館の代表理事・山口大世のインタビュー映像が紹介されました。『NHK WORLD/jibtv』は世界160の地域・国/約3億2,390万世帯に24時間英語版ニュース映像を配信しています。

当番組では、日本のブランド「ANREALAGE(アンリアレイジ)」が細田守監督最新作 『竜とそばかすの姫』 とコラボレーションしたNFT作品1点を、NFT鳴門美術館が1,500万円で購入したことが紹介されています。

また、アンリアレイジと「竜とそばかすの姫」とのコラボレーションにより、ファッションとアニメーションを融合させ、現実と仮想現実の両方の空間でファッションショーを実現した過程など、現実と仮想現実が交錯する新しい世界観の実現に挑戦する関係者の姿を描いています。

NTTが開発したVRや3D空間の技術を用いて、これまでにないファッションやアニメーションの楽しみ方ができるなど、未来につながる最新技術の試みが細部まで紹介されています。

27分間の番組ですが、ぜひご覧ください。
https://www.jibtv.com/programs/fashion_across_dimensions/

日本国際放送(JIB)は、日本放送協会(NHK)の子会社として2008年4月に設立されました。NHK WORLD/jibtvは、アジアの生活や社会に関するニュースを英語で世界に160の地域・国の約3億2,390万世帯で24時間放送されています。(2021年10月31日現在)。

日刊サンハワイのNFT解説番組「NFTニッポン」にてNFT鳴門美術館・理事長の山口大世のインタビュー音声が紹介されました。

「NFT鳴門美術館をスタートさせた経緯」、「美術館・博物館の未来ついて」、「美術館・博物館によるNFTの信用性向上について」、「今後どのようなものがNFT化されるのか」などNFTに関する様々な質問に山口が率直にお答えしています。

NFTの現在、NFTの将来予測についてご関心がある方は必見ですので、是非ご覧ください。※約21分間のインタビューです

TOP