当館は日本で初めてNFTアートを取り扱う美術館として、今までになかったアートのNFT化を通じその価値、可能性に全ての人が触れる場を提供することを目的として設立されました。

日本初のNFT特化型美術館「NFT鳴門美術館」「鳴門ガレの森美術館」から「NFT鳴門美術館」へ

「鳴門ガレの森美術館」は、徳島県鳴門市撫養町林崎の妙見山公園にある2001年に開館した美術館で、これまでに「エミール・ガレ」の作品を中心に展示して好評を得てまいりました。19世紀後半フランスの工芸家である「エミール・ガレ」は、ガラス工芸をはじめ、陶器や家具など幅広い分野の工芸作品を生み出し、今なお国際的な評価を得ています。
開館から20年を迎え2021年の8月に、美術館名を「鳴門ガレの森美術館」から「NFT鳴門美術館」に改称して再スタートすることとなりました。
「NFT鳴門美術館」は日本国内における美術品及びアート作品のNFT化の普及と発展を目指します。美術品及びアート作品の展示のみならず、アート作品に関するNFTの発行、審査、販売、流通が可能な日本初、日本唯一の美術館となりました。
今後、幅広いアート作品のNFTを取扱い、世界に発信していきますので是非ご注目ください。

名称一般財団法人NFT鳴門美術館
住所徳島県鳴門市撫養町林崎字北殿149番地
設立年月日平成14年4月17日
目的
1.美術品の保存ならびに公開
2.イベント事業による地域社会への貢献
3.文化事業の普及
4.諸外国諸国との文化交流事業
5.美術文化とデジタル文化に関する融合とNFTに関するすべての業務
6.その他この法人の目的を達成するために必要な事業
電話番号 088-684-4445
TOP